スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

東京都の青少年健全育成条例改正案、継続審査へ。

東京都の青少年健全育成条例改正案ですが、継続審査とすることを決定したようです。
これにより、30日に開かれる本議会への条例改正案提出は見送られることとなり、6月開催の議会に先送りとなる模様です。
↓詳しくは以下のリンクを参照してください。
●東京都の青少年健全育成条例改正案、継続審査が決定(INTERNET Watch)

とりあえず、今回の議会での成立は無くなったようで、とりあえず一安心ではありますが、改正案自体が否決されたわけではないので、引き続き今後の動向も注視する必要があります。

今回の「東京都の青少年健全育成条例改正案」について、「そもそも何がどう問題なの?」という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方にお勧めなのが以下のリンク先です。
時系列に沿って大変解り易く説明しておられます。
↓以下のリンクからジャンプします。
●「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ(Gigazine)

著名漫画家を始め、大手出版社、さらには社団法人日本図書館協会や日本ペンクラブ等までが反対声明を出し、朝日新聞の1面で大きく取り上げられたこの問題ですが、そもそもはネット上で問題の周知があり、それが驚異的な速度で周知されたことが大きいと思います。

それにしても、上記Gigazineの記事に詳しく記述されていますが、規制推進派の言い分があまりに酷い。
吐き気をもよおす程です。

自分の価値観を語るのは自由です。しかし、自分の価値観のみが正しいと主張し、他の意見を一切受け入れない、という考え方は、明らかにおかしいと思うのは私だけでしょうか?

一部の成人向け作品には、過激な表現がある作品もあるでしょう。
そういった極端な例のみを持ち出して、
「どうせ他のマンガもアニメもゲームも似たようなものだろう。だからいちいち全部の作品を見なくても結論は一緒だ!良くない物だ!全廃!全て抹殺せよ!」
というのは、あまりに極端ではないでしょうか?

誤解を避けるために書かせていただきますが、
私は、個人的に、一部の作品においては、性描写の対象や方法に「問題のあると判断される危険性のある」作品があるとは思います。
ただ、だからといって「マンガ・アニメ・ゲームは全て悪者」とされている事態が納得行かないのです。
それに、過激な作品はアダルト向けとしてすでに区分されているのでは?
一部の過激な作品を例に挙げ、それを理由に全てを消し去ろうとするなど、あまりにも乱暴ではないのかと。

こういった規制の動きは、今まで何回も繰り返されてきたことです。
規制推進派はおそらく「2次元殲滅」が目的なのかもしれません。

メディア芸術(平たく言えば2次元)が好きな方は、危機感を持ち続けた方が良いと思いますよ。

最後に、この条例案に関しての社団法人日本図書館協会と日本ペンクラブの反対声明を掲載しておきます。

●「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について(社団法人日本図書館協会)

●東京都青少年条例改定による表現規制強化に反対する(日本ペンクラブ)



私だって政治的な案件に関したことをブログで書くつもりなぞ無かったのですが、今回の件はどうにも我慢ならなかった。
特定のものに入れ込んでいる人間を「気に食わないから」という理由で「オタク」という用語で侮蔑し、あまつさえ法で禁止する。私は、そう感じました。
やりきれなかった。
悲しかった。
「お酒を飲んで殺人を犯した人間が居る。だからお酒は飲むのも持つのも禁止しよう。」
そう言ってるのと同じじゃないの?
なのに対象がマンガ・アニメ・ゲームなら「オタクが好きなものだからOK。むしろ消してやれ」っていうコトになっちゃうの?

そんなのおかしいと思うんだけどなぁ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
THEME:東京都青少年健全育成条例改正 | GENRE:アニメ・コミック |

【重要】皆様に是非知っていただきたいこと。

現在東京都議会において、青少年育成条例の改正案が提出されているのですが、この内容に私は大変な衝撃を受けました。

☆詳しくは以下のリンク先を見てもらうのが手っ取り早いです。
●東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト


この改正案の主とする目的は「少年の健全な育成のために悪影響を及ぼすとされる「不健全な作品」の範囲を広くすることで、規制を強めること」です。

この改正案の中で、新たに「非実在青少年」という造語が定義されました。
「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から18歳未満として表現されていると認識されるもの」だそうで。
このような「非実在青少年」を含んだ作品も、改正案では規制の対象になるとのこと。

「非実在青少年」・・・実在していない、つまり架空の人物。
マンガ・アニメ・ゲームの登場人物や、ライトノベル等も含まれるそうで、実在していない架空のキャラクターも含め、これらのキャラクターたちが性行為をしたり、また性的対象として肯定的に描写された場合、規制の対象となりうるのです。

明らかな性行為が含まれるマンガ・アニメ・ゲーム作品はすでに「アダルト向け」として区別されていますが、現時点で「アダルト向けでない」とされて販売等されている作品についても、「アダルト向けと判断する範囲を広げる」ことによって、より規制を強化しようという狙いのようです。

私は、アダルト向け作品を青少年が閲覧・購入することを規制する事に対して、異議を唱えるつもりはございません。
ただ、今回の改正案では個々の作品を「アダルト向け」と判断する方法に、大きな問題があるように思えてなりません。

では今回の改正案では何が問題だと思うのか。
判断基準が不明瞭(曖昧)なので、恣意的な判断や、拡大解釈ができること。

つまり、「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から18歳未満として表現されていると認識されるもの」という、明確な基準が定義されていない判断基準ですから、
判断する側の「さじ加減」で「どうにでもできる」危険性があります。

あくまでも「危険性」ではありますが、やろうと思えば可能なのです。

例えば『ドラえもん』を判断するとして、「しずかちゃんの入浴シーンがある。だからNG」という判断をすることは可能なわけです。

ということは・・・
判断側がその気になれば、大多数のマンガ・アニメ・ゲーム・ラノベ等を規制対象にすることが可能なのです。

「不健全な作品」と認定するにあたっての拡大解釈が可能なこの改正案がもし可決したなら、作り手側(業界)の「必要以上の自主規制」を生む可能性が高く、ゆくゆくは表現の自由をおびやかす事態にも繋がりかねないのでは?

誤解を招かない為に繰り返しますが、
私は、アダルト向け作品を青少年が閲覧・購入することを、より強固に規制する事に反対というわけではございません。
現在成人指定されていない作品の中でも、人によっては「アダルト向けではないのか?」と疑問に思うようなレベルの過激な性的表現を描いている作品があるように思えますので、成人指定の幅をより広くしよう、といった趣旨は理解できます。

しかしながら、今回の改正案においては、解釈次第でほとんどのマンガ・アニメ・ゲームを規制対象にできてしまう「曖昧な判断基準」が問題なのではないかと。

さらに、これは書くまでもなく当然のことですが、
私は、児童に対する性的虐待や性犯罪を軽視しているわけではありません。常識で考えて許されることではありません。
何らかの対策の必要性は認めますが、それに対して「マンガ・アニメ・ゲームを抹殺できるようにする」というやり方は大きな問題があるのではないか?と思うのです。

兆が一にも考えたくありませんが、
「判断側が悪用しようと思えば悪用できる。」
そういう「抜け穴」があるように思えるのですが?

コンテンツの「中身」を規制するのではなく、よりゾーニングを強化し、青少年が彼らに相応しくない作品に触れられないようにする事が優先されるべきなのではないでしょうか?

この条例案に対し、藤子不二雄A先生やあだち充先生を始め著名な漫画家の先生方、角川書店や秋田書店など大手出版各社様が次々と反対表明をされています。
(以下リンク先よりリストがご覧いただけます。)
『東京都青少年健全育成条例の改正案』に反対の作家・企業リスト
この錚々たるメンバー!オールスタークラスです。
これほどの方々が反対しているのです。

皆様も是非、この事を知って頂き、そして考えていただきたいと思い、この記事を書いた次第です。


↓以下に参考リンクを纏めておきます。


●東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

●漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (ITmedia)

●全国同人誌即売会連絡会の声明

●Tinami 東京都の青少年育成条例・改正案について

●東京都議会の条例改正によって影響があるアニメ・漫画・ゲームの例

●山口貴士弁護士による反対意見

●藤本由香里氏(評論家)のTwitter

●子供の性描写規制に反対=都青少年条例改正で-漫画家ちばさんら(時事通信)

●都・マンガ規制の問題点を読売新聞が身を呈して実証(PJnews)

●都議会の民主、継続審議を検討 児童性描写規制案(共同通信)

●条例改正案全文書類データ


【ご注意】
今回の改正案で規制の対象になるのは「18歳未満のキャラクターの性表現を肯定的に描くこと」であり、ポルノに限ってはいません。
報道で「児童ポルノ」という書き方が目立ちますが、
規制の対象は「児童ポルノ」ではなく、「18歳未満のキャラクターの性表現を肯定的に描くこと」です
誤解されませぬようお気をつけください。

また、この改正案に賛成しているのは自公とのことです。
民主ではありません。
↓参考リンク
●都議会の民主、継続審議を検討 児童性描写規制案(共同通信)
民主側の都議の方の所に今回の条例案に関して抗議を行う方がおり、議員側が困惑しているとの情報があります。

もしそういった行動を起こしたいと思うのであれば、早合点せず、東京都青少年健全育成条例改正問題の内容を充分に理解してからにするべきだと思います。

また、twitter等で署名の呼び掛けが行われているとの情報がありますが、今回の都条例改正問題とは無関係の署名活動の可能性がある、という情報があります。

情報が錯綜している可能性も考えられますので、ご自分でしっかりと「どれが正しい情報なのか」を見極め、安易な行動は避けた方が良いと思います。


以下に私の個人的な疑問を書くことをお許しいただきたい。

 2次元キャラクターに興味を持つことは「いけない事」なのですか?
 2次元キャラクターは存在してはいけないのですか?

 マンガ・アニメ・ゲームを根絶したいだけなのではありませんか?
 
この時代に本気で「焚書」をなさるおつもりか?
・・・4月1日は、もう少々先のはずですが。

【更新履歴】
3/16:参考リンク加除・本文加筆修正
web拍手 by FC2
THEME:東京都青少年健全育成条例改正 | GENRE:アニメ・コミック |
Total Visitors
Copyright notice

☆This Blog
©HapiBeat All rights reserved.

☆VOCALOIDs
©Crypton Future Media inc. All rights reserved.

☆Dolls
©2004-2015 AZONE INTERNATIONAL All rights reserved.
©MAMACHAPP TOY All rights reserved.
©Groove INC. All Rights Reserved.
©VOLKS INC. All Rights reserved. / 創作造形©ボークス・造形村
※Dollfie Dream©及びSuper Dollfie©は、(株)ボークスの登録商標です。

☆OnlineGames
©2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
Categorys
「+」マーククリックでツリー表示
Caution & Notice
初めての方へ
『Magical-Magnetic Studio Blog』にお越しくださり、ありがとうございます。
このブログを閲覧する前に、以下の【このブログについて】を必ずお読み頂き、ご了承いただける方のみ閲覧ください。
※利用者が注意事項を読まずに閲覧したことによって発生した、いかなる損害に対しても、管理者(HapiBeat)は責任を負いません。

保護者の方へ:当ブログは小学生以下のお子様に対して不適切なコンテンツを含んでいる可能性があります。お子様単独での閲覧は行わないよう、お願い致します。

Instructions are written in the following links ahead. Please read by all means.

【このブログについて】(ちゅうい)[Instructions]

※当ブログのコンテンツには【15歳未満閲覧禁止】のものが含まれています。

● イラスト・写真の無断転載を禁止します ●
必ず上記【このブログについて】をお読みの上、了承の上厳守いただける場合のみ、お持ち帰りOKとさせて頂きます。

Profile

HapiBeat

Author:HapiBeat
ドールやサブカルチャーについてダラダラと。

※管理人多忙時等、コメントのお返事が遅くなる場合があります。

・Welcome♪
 This blog is only Japanese, but I feel glad that you came to watch this blog.

『Magical-Magnetic Studio』
当ブログのリンクについては、個人のブログ・ホームページに限ってリンクフリーとなっております。
バナーはこちらをお使い下さい。
リンクして頂ける場合はご一報いただければ幸いです。

※相互リンクについては管理人までご相談下さい。
(管理人へのご連絡は、ブログ下方にあるメールフォームをご利用下さい。)

Clap Ranking
最近拍手を頂いた記事
Rankings
ランキング参加中です。
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ FC2ブログランキング
Links(バナーありリンク)
『ねねろぐ』
[ねねろぐ]◇
(淡海音々葉さま)
『君と僕の約束の地へ』
[君と僕の約束の地へ]◇♪
(アイリアシアルさま)
『Coral Leaf Tea』
[Coral Leaf Tea]☆♪
(瑚々乃 タマさま&瑚々乃 嶺さま)
『くらやみがーる』
[くらやみがーる]◇
(レゥさま)
『電気的懐古趣味』
[電気的懐古趣味]
(Joker_DTMさま)
『瀬戸内より800キロの空の下で』
[瀬戸内より800キロの空の下で]☆
(なべなべさま)
『Close To The Edge2』
[Close To The Edge2]☆
(kazuhiさま)
『螺旋庭園の娘たち ~本館~』
[螺旋庭園の娘たち ~本館~]☆
(南井 猶倖さま)
『Photobook』
[Photobook]☆
(nekomimisanさま)
Links
「◇」:イラスト 「♪」:ボーカロイド 「☆」:ドール ※リンク解除希望の際は管理人までご連絡ください。
Links(Others)
★サーチサイトさま(ドール)
『ドールズステーション』
『ドールサーチャー』

★サーチサイトさま(イラスト)
『イラスト ステーション』
『ペイント ステーション』
『お絵描きJP』
『マジカルステーション』



☆参加企画等

↑『ピアプロ』

↑『pixiv』

↑『Tinami』
Archeives
12  11  10  09  08  07  02  12  07  06  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
Mailform
ご連絡内容よっては返答しない場合もございます。ご了承の上ご利用下さいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。