無謀なことにSS付きでイラストをうpしてみた(ぇw

HapiBeat

HapiBeat

|´▽`)ノ ども♪

なんとかクリスマス絵描けましたよ~(^^;
思いついたネタがベタベタだったですが(゚∀゚;)

で、今回はちょっとしたSS付きでうpさせていただきますね。
・・・文才無いのになんつう冒険的行為w

タイトルは『大きなクリスマス・プレゼント』
マスター視点の、ちょっとしたお話です。
お話の設定上ボカロが実体化してたりしますが、まぁ、その辺はご容赦を(^^;
もちろん、フィクションですからね(^^;;

ではでは、気になる方は続きクリックでどぞ~(* ^ー゚)ノ

当記事のイラストは【15歳未満閲覧禁止】とさせていただきます。

↓15歳以上の方のみ、続きクリックで閲覧できます。
以下SSです。
-----------------------------------------------------------------------

マスター(以下マ):「・・・・・・おかしい。」

暮れも押し迫った12月24日、クリスマス・イヴ。
クリスマス・ソングが流れ、街は年末ムード真っ只中。
だが、それどころではなかった。

マ:「・・・どこに行ったんだ・・・・・・」

それは昨日。
いつものように買い物に出かけたミク。
いつものように・・・帰ってくるはずだったのだが。

ミクはそれきり、帰っていない。

マ:「思い当たる所は全部・・・探したよな?」

もう丸1日。
いつもミクが買い物に行く八百屋から、途中で良く休憩してる公園、お気に入りの河川敷まで探しに探した。
MEIKOやKAITO、リンやレンにも聞いてみたが・・・。

MEIKO:「え!?、ちょっとアンタ、ミクに何したのよ!あのコはそんな風に突然いなくなるような娘じゃないわよ?」
KAITO:「ホントですか?いや、その、ミクとケンカでもしたんですか?ダメですよ良くないですよぉ、そーいうのは。」
リン:「ぅわ、ミクお姉ちゃんにまで愛想つかされるって、どんだけよ?」
レン:「・・・・・・何したんだよオマエ。ミク姉ちゃんに何かあったらオマエのせいだかんな。」

・・・とまぁ、言いたい放題言われてしまった。
よくよく聞いても皆ミクの行方は知らないようだ。

PCの電源を入れ、ボーカロイドのエディターを立ち上げる。

・・・ERROR。

マ:「PC内に戻ったわけでもない、か・・・」

最近あまり構ってやらなかった事が原因だろうか?
確かに最近仕事が忙しくてあまり歌わせてやれてなかったが。

普段、空気のように感じていた存在。
そこにあることが当たり前だった存在。
そんな風に感じていた存在が消えると、こんなにも不安に感じるものだったとは。

マ:「何気ない普段の生活ができるということが、どれほど幸せなことか・・・」

思い知った。
そして後悔した。

マ:「でもなぁ、ミク。出て行くならハッキリ言ってくれれば良かったんだが。」

ひとつだけ引っかかること。
それは、ミクは買い物に行くフリをして家出するような娘じゃないってこと。

マ:「もう一度、探してみるか・・・」
重い腰を上げ、上着を取ろうとした時。

♪ぴんぽーん♪

・・・呼び鈴。

マ:「はい?」
業者:「宅配便でーすぅ!」
マ:「?はい。少々お待ちを。」

玄関を開ける。
そこには巨大な段ボール箱に半ば隠れた状態の運送屋さんが。

業者:「はい、重いのでここに置きますね。」
マ:「!!!ちょっ・・・!!」

箱の大きさは巨大で、まるで冷蔵庫か洗濯機クラスだ。
こんなモノ、誰が送ってきたんだ?
伝票の差出人は・・・

マ:「!!!!えぇえ!!み、ミク?!」

そう、差出人名はミクだった。
コレは一体どういう?
しかも、荷姿は「プレゼント」としか書かれていない。

業者:「こちらにサインを」
マ:「・・・あ、はい。」
業者:「毎度どうもでした!」

あっけにとられている間に、運送業者はさっさと帰っていった。
玄関には、巨大な段ボール箱。
よく見るとなにやら妙な荷札が。

マ:「・・・”温度一定25℃”??」

クールじゃなくて常温指定とは一体?

マ:「考えてもダメだ。とりあえず、ミクが送ってきたプレゼントは一体・・・?」

意を決して、段ボール箱を開けてみた。

そこには・・・・・・





初音ミク
ミク:「・・・えへへ・・・メリークリスマスだよ、マスター☆」


・・・とびきりのクリスマス・プレゼントが入っていた。



FIN

--------------------------------------------------------------------------

・・・。
・・・・・・えーと(^^;;;;
し、失礼しました(;゜∇゜)

この絵を描きながら思い浮かんだシチュエーションを思いつきでSSにしたもんだから、展開が強引かつ脈絡なくてもうなんだか(滝汗

あぁあ、だから文才無いのにムチャしすぎだってオレ(゚∀゚;)
こんなんでも楽しんで読んでいただけたなら幸いです・・・(^^;;

で、初音ミク絵、壁紙サイズも作ってみました(^▽^)/
↓クリック拡大です♪
初音ミク
サイズは1280ピクセル×960ピクセルです。結構大きいですよ(* ^ー゚)ノ
よろしかったら使ってやってくださいね♪

さて・・・次はお正月イラスト頑張んないとだネ( ̄▽ ̄;)
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply